スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィードサック

フィードサックで作ったタペが、昨夜やっとこさ完成しました
ワーーーイ!!\(o ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄▽ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄o)/ワーーーイ!!
と、自己満足。

作り始めてから、早1年と9ヶ月も経ってる~。
その間、ずーっとチクチクしていた訳ではなく、、、
ただただ、ほったらかしにしてただけなんだけど・・・

DSCF-2025_convert_20080518094153.jpg

サイズは60cm×60cmで、今ままで作ったタペの中でも、一番大きいかも・・・?

未完成のまま、忘れ去られることが無くて、ほんと、良かった~||| \( ̄▽ ̄;)/ |||ワーイ?

フィードサックのこの独特の風合いが大好きなんだけど、
やっぱり材料費(布代)が高いよね~(w_-; ウゥ・・
結構使っちゃいました(ノ´UωU`*悲)=ε3

今度はフィードサックで、色なんかにもこだわって作ってみたいけど、、、
暫くは、辞めておこう~

;">*:--☆--:* 予備知識のコーナー *:--☆--:*
フィードサックとは・・・

1930年代から50年代頃にかけて、アメリカの一般家庭で使う
家畜の飼料や小麦粉が入っていた「布袋」の事で、
古いものだと1880年代頃からあるそうです。

フィードサックが生まれる1880年以前のアメリカでは、
小麦粉・砂糖・家畜の餌などを、木製・金属製の箱に入れ保管していました。

その後ミシンが発明されると、アメリカ国内で質の良い布が沢山生産されるようになり、
小麦粉・砂糖・家畜の餌などは、生成りの布袋に入れるようになりました。

50年間生成り一色だったフィードサックを、
生産メーカーが可愛い花柄やプリント柄で販売したところ、大ヒットとなり、
アメリカの主婦達は柄の袋布を競って買い求め、メーカー側も次々に新柄を発表しました。

1950年までの間に、どのメーカーもプリント柄の布袋に替え、
様々な色や柄のフィードサックが誕生ました。
柄の善し悪しが商品の売れ行きの鍵となったのです。

大恐慌時代の1930年代、一旦廃れたパッチワークキルトが再び流行しました。
不景気で生活が苦しい中、当時は布が高価だったため、
フィードサックの縫合せのひもを大事にほどき、
愛する家族の為に、洋服やエプロン・キルト作りに励み、
アメリカンパッチワークキルトの倹約の精神を育んでゆきました。

主婦達はフィードサックの心を明るくするような魅力的なプリントや、明るい色使いに、
生きる勇気を与えられたことでしょう。

そして、時を越えた今もなお、
独特の風合いと、アメリカの昔懐かしさを伝える宝物として、
人々に愛され続けています。

今では復刻版として、
フィードサックの柄を現代の生地にプリントしたものも数多く見られますが、
ビンテージのファブリックは、同じ柄を見つけるのが難しく、
21cm×21cm前後で250円~1000円位と価格にも差があります。

貴重で値段も高値なフィードサックですが、
半世紀たった今でも、どの布もとても魅力的で、
ざっくりとした独特の暖かい雰囲気は、昔ならではのアメリカ、
現代の布にはない魅力が沢山つまっていて、お金には変えられない魅力があります。

フィードサック大好き♪

スポンサーサイト

* ありがとう *

Welcome to my blog‘arun’. %Please enjoys.

* カレンダー *

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

* お友達のブログ *

* QRコード *

QR

* プロフィール *

*yai*

Author:*yai*
大阪府在住
シングルマザー
小学5年生(男女双子)と、
中学1年生(娘)の3児の母
職業:介護職

5年ほどハンドメイドのHP
*CHERRY MAMAN*を
運営していましたが、
いろいろ事情があって
去年3月に閉鎖しました。。。

今後もブログ*あるん*の更新と、
時間が合えばイベントでの出店販売、
時々オークションでの出品販売等、
超マイペースですが、
地道に地味~に活動していきます♪

これからも宜しくお願いします~*^▽^*

* メールフォーム *

ご意見・ご感想・苦情(笑)等ありましたら、お気軽にご利用下さい(*^▽^*)

名前:
メール:
件名:
本文:

* アクセスカウンター *

* 夢を叶えるには・・・ *



presented by 地球の名言

* 小さな天気予報 *


-天気予報コム- -FC2-


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。